巨大トランポリン!十六沼公園は雨でもOKな子供の遊び場!【福島市公園】

スポンサーリンク

福島県の県北地方に位置する福島市の西側の大笹生に十六沼と言う公園があります。体育館や野球場など複合施設なのですが、遊び場スペースが大掛かりで、屋根が付いていたりなど、子連れや散策、スケートボード等にオススメの公園なので紹介します。

Contents
  • 2019年7月訪問

1、雨でも安心!ぴょんぴょんドーム!


近くの道路を走行するだけでもすぐ目につくのがこのぴょんぴょんドーム!この公園一番の目玉であり、シンボル的施設だと思います。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

あくまで目測ですが、ドームの高さ約10m、直径25m~30m位はあると思います。ドームの中にある白い部分はすべてトランポリンとなっており、靴を脱いでぴょんぴょんする遊び場です。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

トランポリンといっても、普通の形状をしている訳では無く、小高い丘がいくつかあり、それらすべてが弾力を帯びて、弾むといった作りなので、通常のトランポリンの様に縁に体をぶつけ怪我をするといいた事にはなり辛い良くできた遊具だと思います。

なによりうれしいのは、屋根にスッポリ覆われているので、多少の雨でも遊ぶことが出来る点と、日差しよけになる点です。また、親御さんの休憩所も屋根が付いているベンチばかりなので、安心してくつろぐことが出来る点です。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

プールサイドに設置されているベンチのような作りですが、同様のベンチが複数設置されているのでみなさんそこで休憩しておられました。お昼時はお弁当を食べる姿が多々見られると思います。

しかし、休日は比較的来場者が多い為、場所取りが勃発すると思いますが、譲り合って楽しく遊びましょう(^_^)/

スポンサーリンク

2、大型のコンビネーション遊具


ぴょんぴょんドームの傍には比較的大きなコンビネーション遊具も設置されていました。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

こちらが大型のコンビネーション遊具です。同時に20人程度遊べると思います。内容もすべり台、ボルタリング等、一般的な物ですで特徴的な物はありませんでしたが、十分楽しめる内容です。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

こちらはバネにのって少し跳ねる遊具です。高さは40cm程ですが、小さな子には少し危険が伴うので注意して下さいね!

撮影機器 EOS60D 2019年7月

一方こちらは遊具では無く、ただの小高い丘です。階段があり登れますが特に何もありません。公園内が見渡す事が出来るので、見晴らし丘とでも呼ばせて頂きます。

何故か小さいころは高いところに登ってしまっていたのを憶えているので、意外に遊び場として機能すると思います。

しかし、ドーム付近の遊び場は全体的に大きめのお子さん、10歳とかを対象にしているような感じがしました。そのためが、ちびっこ広場と言うサブ公園が沼の反対側(南側)にありました。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

ちびっこ広場の全景です。砂場、ターザン、シーソー、大型コンビネーション遊具がありますが、こちらは一般的な公園のつくりをしていて、こちらの方が時間がゆっくり流れている感じがしました。

沼を挟んでいるのと、間に遊歩道や木々があり、完全に遮断されている為だとは思いますが、完全に区画分けするのは嬉しい事ですけどね!

とはいえ、小さいお子さんだけを対象としたものばかりでもありませんでしたが…

撮影機器 EOS60D 2019年7月

たとえばこれ、ロープに滑車が付いていて、ぶら下がってすべり楽しむ遊具。これは幼児には危険で、児童でやっと遊べる内容だと思いますが、比較的大きな子供向けの遊具も配置することによって、家族構成や、兄弟の年齢の組み合わせによって使い分けが出来るのは良いと思います。

因みにこちらには、どこの公園にもある東屋が完備してありました!ちびっこ広場の唯一の休憩場所です。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

構造は古いですが、建物自体は新しいので、気にせずゆっくり休憩できました!

3、夏は噴水で水遊び!


十六沼公園の中央付近には噴水があります。でも、ここの噴水はオブジェとしての役割も果たしているのですが、池などの中心にある訳では無く、地面から直接吹き出ているので、夏は子供たちの水浴び場所と化していました。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

中心の噴水の水に直接触れる事ができるので、オブジェと言うよりは完全に水遊び場として機能していました。すぐ傍の屋根付ベンチにて水着をきて、楽しそうに噴水へ向かっていく子供たちの姿にほっこりしました(^_^)/そして私も何故か楽しくなってきました。笑顔が伝染です。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

因みにこの噴水は、時間によって中心の一本のみで吹き出たり、円周上に配置されたすべとの吹き出し口から霧状に吹き出したりとパターンがあったので、変化が有り、飽きづらいと思います。

直径は7m位で、噴水の高さは2m~3m程度なのでそれほど水圧も高く無く、安全に水遊びが出来そうですが、下は岩なので、転倒には気を付けて下さいね!

スポンサーリンク

4、遊歩道の先には…


この公園は、十六沼と言う沼が名前の元となっており、県の名勝となっているようで、その沼から近くの山の中を上り頂上へ向かう遊歩道が整備されていました。春はが綺麗なようです。

撮影機器 EOS60D 2019年6月

子供が多い公園ですが、大人も散策で楽しめるよう配慮されて整備してくれているようでした。折角なので、この石碑がある場所から散策路を歩いてきます!

撮影機器 EOS60D 2019年7月

沼のすぐ横を歩く遊歩道で綺麗に整備されて良いと思うのですが、沼というだけあり水がそれほど綺麗ではなかったので、沼を眺めながら散策とは行きませんでした。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

散策路に入り、山を登り、中腹で下を見下ろす感じに撮影した写真ですが、階段とスロープ式に分かれていて選ぶことが出来ます。足腰に不安のある方でも安心して上る事が出来るのはとても良いと思いました。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

散策路を上り始めて約10分、ベンチが見えてきました。ここでお弁当を食べたり、休憩するのも気持ち良さそうですが、今回は一気に頂上まで行きます!もうすぐ!

撮影機器 EOS60D 2019年7月

ここまで道が整備されていましたが、頂上だけは登山をし、山の山頂へ登頂した時の雰囲気がありました。それほど歩いては居ないのですが、プチ登山気分です。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

山頂から十六沼公園と反対側の山が一望できます。天気が崩れてきてしまい、曇となってしまいましたが、晴れていればとても良い景色が見られると思います。

噴水の少し横の遊歩道より撮影した散策路のある山の頂上です。下から見るとかなりの山ですが、登ってみるとそれほどでは無く、少し体を動かしたい、という方にもオススメできる程度でした。

5、珍しいスケートボードパーク


十六沼公園の入り口付近にフェンスで囲まれて晴れ以内エリアがあり中を覗いてみると、スケートボードのコースがありました。しかも、この規模はかなり大きいと思います。少なくとも私が見た中ではトップクラスでした。(当方詳しく無いので、もっと凄い場所があるかもしれませんが、そこはスルーして下さい)

撮影機器 EOS60D 2019年7月

私の地元の公園でもスケートボードをしている方を時々見かけますが、最近では禁止されている場所も見受けられ、肩身の狭い思いをしている方もいらっしゃると思いますが、ここでなら思う存分練習出来ると思います。

逆に通行人に見物されるのではないかと思います。残念ながら本日は利用者がいませんでしたが、もし滑っている方がいたら見学していました。

また、施設利用料も一般200円、高校生以下100円と安いので是非利用して観客を集めて下さい!

因みに12月~3月は冬季休業となるようなので、事前に調べてから訪問して下さい。

4~5月・9月~11月→9:00~17:00

6月~8月   →9:00~19:00

お問い合わせ先 

十六沼体育館 024-558-6151

※2019年7月現在

6、自動販売機完備


自動販売機は、他の公園にも設置してあることはありますが、この十六沼公園には飲み物の自動販売機の他にアイスの自動販売機もあるので夏はついつい買ってしまいます。これは卑怯だと思いました。夏はかなり売れるのではないでしょうかね。

値段は通常価格で、観光地値段とはなっていなかったので、間に合わせとして買うのも大きな抵抗は無いと思います。でも少し種類は少ないのが残念です。

園内の随所に設置してあるので、設置個所は割愛しますね。

7、トイレ


公園にはトイレが付き物です。しかも、整備されているか、清掃が行き届いているかは結構重要だと思っています。

この十六沼公園は敷地が広いのでトイレも数か所設置してあります。

撮影機器 EOS60D 2019年7月

こちらはぴょんぴょんドームより南側にあるトイレなのですが、デザイン性があり公園の景観に溶け込んでいました。

中はと言うと…よくも悪くも無く、と言った感じでした。公園の公衆トイレとしては清掃はされていると思いますが、設備そのものが年代が経っているので劣化が見られたり、欠けている個所も見受けられました。

普通に使用できる状態だと思います。

8、スポーツ施設


十六沼貢献は上記の他に、体育館、サッカーコート、野球場、、テニスコートがあります。総合スポーツ公園となっているので一通りの事が出来るように施設が整っている素晴らしい公園でした。また、今回未確認ですが、屋内運動場というものがあるようです。(予想ですが、フットサルでは無いかと思います。)

テニスコート 2019年7月現在

野球場 2019年7月現在

サッカー場 2019年7月現在

どの施設も規模が大きく、大会等も開催されても問題無いと思いました。

9、所在地と駐車場


十六沼公園は、福島市大笹生にあり、国道13号線より、フルーツラインへ曲がり、その後座頭町の交差点の信号を右折し1km程で右手に見えます。

駐車場は右手にありますが、満車時には道路を挟んで向かい側に第二駐車場がありますのでそちらに駐車出来ます。

第一駐車場の地図はこちら

撮影機器 EOS60D 2019年7月

十六沼の正面入り口の写真になります。駐車場はこの入り口の北側にありすので、この入り口を目印にすると分かりやすいです。

駐車台数は恐らく200台以上と十分あるのですが、スポーツ大会があったり、連休等は間違いなく第一駐車場は満車となると思いますので注意して下さい。

10、まとめと感想


おすすめ度 ★★★★★ 他には無い遊具がオススメ
ピクニック度 ★★★ ペンチで食事が現実的
穴場度 休日は人気

子供の遊び場として利用するだけなら無料で利用が可能なこの十六沼公園は穴場では無いですが、わざわざ遊びにくる価値はあると思いました。ぴょんぴょんドームは他で見られない遊具で、屋根も付いているため多少の雨も防げる等居たセリ付くセリです。また、夏は水遊びも出来るので出来る事が沢山です(^_^)/

大人も散策路があったり、スケートボードが出来たり、その他運動施設があるので、利用価値は高いと感じます。

食事所はありませんが、アイスやジュースの自動販売機がいたるところに設置されているのもプラスポイントだと思いました。

是非オススメしたい公園の一つでありました。

 

トップページへ戻る

地域別一覧に戻る

 

近くのスポット

 

スポンサーリンク

投稿者: tedukurihealthtaro

福島県を中心に風景写真を撮るのが趣味。 コンテストにて金賞受賞も経験し、自分の写真で震災後の福島県を紹介しようと思いサイトを立ち上げる。 最近では、観光イベントに参加したりなど純粋に楽しんでいる。 他、ドラム演奏やカラオケ等が趣味である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です