湯遊ランドはなわはゆっくり寛げる温泉です【塙町スポット、日帰り温泉】

湯遊らんどはなわ外観
スポンサーリンク

福島県中通り、県南地方の東側に位置する塙村の山の中に湯遊らんどはなわと言う日帰り温泉の施設があります。河童のすり鉢遊歩道で汗をかいた後は温泉ですよね!って事で温泉に入ってきましたので感想等載せて行きます!因みに、目の前にダリア園があります。

目次
  • 2019年4月訪問

1、広い浴室と薬湯

まず入り口でダリアちゃんがお出迎えです!

近くにあるダリア園のダリアをモチーフとしたキャラクター、ん…もしかしてこれは神輿なのかな?

いらっしゃいませ~

さて…

この湯遊ランドはなわは、日帰り温泉施設であるのですが、それなりに大きな施設です。ですので浴室もそれなりに大きかったです。

まず更衣室は20人位は同時に居ても大丈夫な位でした。洗面台は4台あったと思います。

更衣室に休憩用の椅子がいくつか用意されているので、お風呂上り休憩している人が数人居ました。

洗い場は15か所位あり、うち10箇所には仕切りがあるので、隣の方のシャワーの水がかかりづらいよう配慮されているのも嬉しいですね!

そして、特徴的なのは、日々草という肌に良いと言われている草をいれた薬湯があります!

袋に入れた状態で湯船に浮いているんですが、あまり匂いもきつく無く、肌がピリピリしたりも無かったので、訪れたらお肌の為に入ってみるのをオススメします!

スポンサーリンク

2、情緒ある露店風呂

ここの露店風呂は屋根つきで、一度に7名位がゆったり入れる広さかと思います。大きな岩で作られ、情緒のある作りとなっています。

大きなつるつるとした岩をすべり台にして遊ぶ子供もいる程、良く配置されていると思います。

また、庭園もあり、のんびりと過ごすには良いと感じました。

しかし、周りは山なので、虫や蜂が時折現れるかもしれないので、そこは注意しましょう!決して手で追い払ったりはしないで冷静に対処しましょう。

3、お得なクーポン券

基本入浴料は公式HPには以下の料金で掲載されているのですが現在は700円の可能性もあります。

  10時~17時 17時~20時
大人 800円 500円
子供 400円 250円

幼児無料     ※公式HPより

とにかく、湯遊ランドはなわへ日帰り入浴で訪問する場合は、クーポン券で500円にて入浴出来るので、是非そちらを使用していくことをオススメします。

クーポンは、道の駅塙の観光案内スペースに置いてある場合が多いので、一度そちらへ立ち寄ってから行くと一人あたり200円は安くなるので、断然お得です!

スポンサーリンク

4、所在地

道の駅塙より車で約20分程掛ります。道が狭いので気を付けて走行しましょう!

道の駅はなわより矢祭町の方へ向かい、国道349を東へ曲がります。そこからは案内板があるので、指示に従いましょう!

地図はこちら

5、まとめと感想

  • オススメ度 ★★★★ クーポン利用で
  • 清潔度   ★★★  普通に整備清掃されている
  • リピート度 ★★   近くに来たときは

温泉はアルカリ性単純温泉と特に臭いもないので、気にせず入浴できますし、施設自体も普通に整備されていたので、近くに来たときはクーポンを使用して行くと500円とお得なのでオススメです!

貴重品ロッカーも更衣室にあり、返却式だった筈なので、気にせず使用できます。(更衣ロッカーについては、今回籠を利用した為、分かりません)

しかし、山の奥にあるので交通の便は良く無く、地元の方たちの話し声が大きかったり、と多少気になる時間帯もあるかと感じました。

観光客にも目を向けていますが、どちらかと言うと、地元の方々達の憩いの場、といった感じでした。

あとは、低温サウナ、売店や、カラオケ、スポーツ施設、バーバキュー施設も別料金であるようなので、そちらを組み合わせるともっと楽しめると思いました。

追記:駐車場の向かえ側に、古民家があり、中を無料で見学出来るようになっていたので、見学しました。スズメ蜂の巣が飾ってありましたよ~

こちらも散歩がてらにどうぞ~


近くのスポット

道の駅はなわ 天領の郷はなわの黒みつこんにゃく

花桃、レンギョウの景勝地

河童のすり鉢遊歩道

スポンサーリンク

投稿者: tedukurihealthtaro

福島県を中心に風景写真を撮るのが趣味。 コンテストにて金賞受賞も経験し、自分の写真で震災後の福島県を紹介しようと思いサイトを立ち上げる。 最近では、観光イベントに参加したりなど純粋に楽しんでいる。 他、ドラム演奏やカラオケ等が趣味である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です