福島空港に珍自動販売機が!?【須賀川市、玉川村、珍スポット】

スポンサーリンク

福島県須賀川市と玉川村に跨る福島空港。そんな福島空港の一角に珍しい自動販売機があります。なにやら世界で一つとか謳ってる怪しさ満点の珍スポットなので一見の価値だとあり!だと思います。たぶん。

※諸事情により、写真は自動販売機のみとなります。

Contents
  • 2020年3月訪問 TORQUEG03にて撮影

1、怪しさ満点!自動販売機の中身は?


実はこの自動販売機、前から存在は確認していたのですが、「なんか変なの置いてあるなぁ~」程度で詳しく確認はしませんでした。

何回も見てるのにな(‘_’)

でも大丈夫です!今回はしっかりとみてきました!

では早速行ってみましょう!

撮影日 2020年3月

はい、これが例の怪しい自動販売機です。

高さ50cm程の薄緑の金属性のマジックボックスが私を出迎えてくれました!

商品は4種類しかないみたいで、中が透けて見える為、いわゆるガチャのような仕様では無いのはまず安心です。

そして気になるのは、硬貨を入れる場所が変なシールで塞がれていることです。

はっ!?せ、1000円!??

うわ~、これ一つの窓に付き1000円の自動販売機のようです。おつりは出ませんとか書いてあるけど1000札しか読み込まないのにお釣りは出ないだろうよ・・・

これを高いと取るか安いと取るかは人それぞれですが、私は高い!と思いました。

商品によっては考えが変わるかもしれませんがね。

ではその考えを変えてくれるかもしれない中身を少し覗いてみましょう!

 

撮影日 2020年3月

じゃん!

この窓は左から、本、ウルトラマンのような小さな人形?おもちゃかな、カレーの恩返し、以上3点セット!

ツッコミ所満載です。

言っていいですか?

「これなんの本??」

「これ指に嵌めて遊ぶおもちゃ??」

「カレーの恩返しってなんやねん!!」

はい、考えは変わらなかったです。

でも、このカレーの恩返し、カレーに入れる隠し味となるスパイスのようでこれは純粋に気になる!とは思いました。

撮影日 2020年3月

お次はこちら!

本が2札、缶詰??、怪獣の人形の4点セット!

単純に見ればこっちのほうがお得のようだが、やっぱい得体のしれない感じがする。

須賀川市はM78星雲と姉妹都市となっているので人形はそれが理由だとは思うんですが、本と食べ物がセットだったり良く分からない内容です。

他にはベーコンの缶詰などもあったりと割と珍しいものが入っていましたので、楽しさはあると思います。

これ、実は飛行に乗る前に買って、本を読みながら缶詰を食べろってことなのかな・・・

スポンサーリンク

2、隣にも怪しい自動販売機が!?


そして、そんな怪しい自動販売機の左隣を見てみるともう一つ自動販売機らしきものが鎮座していました。

撮影日 2020年3月

商品案内欄にはただ一言「幻」とだけ書かれています。そして本体下部には「福」とも書かれています。

とてもシンプルですが、訴えかけるにはとても有効な手段だと思います。

でも、この時点で半数の人は買わないんじゃないかな・・・

でもよく見てみると、なにやらキーホルダーの様な物が中に落ちているのが見えます。

キーホルダーの自動販売機なのでしょうか?福と書いてあるから福島関係のキーホルダーと言うのが妥当でしょうか?お値段も600円なので間違ってはいないと思います。

3、結局これは何なの?


●古本の自動販売機

撮影日 2020年3月

この自動販売機は一体何なのか?その答えは自動販売機の上部に不規則に、そして手作り感たっぷりに張られた付箋や張り紙にありました。

そこには、「世界唯一、空港にある古本屋」「自販機の古本屋も世界初」

とかかれていました。

なんて事はない、古本の自動販売機のようです。

しかも世界唯一の!まぁ、そこまで驚きはしないのですがね(‘_’)

古本屋と言う割にはグッズの様な物も抱き合わせされてるのと、本の種類が見えないこと事から敷居は高そうでした。

●一点物の自動販売機

そしてもう片方の自動販売機。

こちらも手書き感たっぷりの付箋などが貼られており、「あなたの知らないふくしまとつなぎます」とか書かれていました。

購入はしていないので詳しくは分かりませんが、見本にはキーホルダーの中に切符の様な物が入っていました。

「一点物」が何を意味するかは分かりませんが、もしかしたら珍しい「何か」が出てくるかもしれませんね(*´▽`*)

スポンサーリンク

4、設置場所について


この自動販売機。その怪しさと胡散臭さから、飲料水の自動販売機とは別の場所にあり、若干隔離感があります。

仕方のない事ではありますが、場所は空港の北側の2Fの売店のあるフロアです。

撮影日 2020年3月

階段の裏手側に長椅子とか長テーブルの上にひっそりと置いてあります。

扱いがぞんざいなのは仕方ないと思います。業者も頑張って設置したのだと思います。

売店の入り口に立って階段側を見つめ、少し左に視線をずらすとそこに亜空間が見えます!

また、今回は福島空港なので地図のリンクは貼りませんのでご了承下さいね!

5、まとめと感想


オススメ度 ★★ もの好きには
穴場度 ★★★★ 売れてない?
怪しさ ★★★★★ 見る分には楽しい

福島空港の2Fの隅にひっそりと名が机の上に置かれている自動販売機。それは世界で唯一の自動販売機でした!隣には一点物の珍しいガチャのような自動販売機もあり、ネタ感満載でした。

古本の自動販売機は、長旅の暇な時間にスパイスを与えてくれる本が買えるので、本が好きな方にはとても良いかもしれません(*´▽`*)

その一方で、本の中身がわからないこと、ウルトラマングッズやよく分からない食品等もセット販売されているので本だけが欲しい人には邪魔になりますし、珍しい物を欲しい人には本が邪魔といった、少し購入するにはハードルが高めの自動販売でした。

折角世界で唯一と謳っているのでそれをもう少しうまく利用すれば楽しかったのになと思い、少し残念な感じがします。

とはいえ、珍しい物である事には変わりなく、観光の一環として空港に訪れた際は探してみてくださいね!そして、珍スポットを求める人は一度は行ってみましょう!

そして是非、何が出てきたのかをコメントで教えていただけると助かります!私も気になるので・・・

スポンサーリンク

投稿者: tedukurihealthtaro

福島県を中心に風景写真を撮るのが趣味。 コンテストにて金賞受賞も経験し、自分の写真で震災後の福島県を紹介しようと思いサイトを立ち上げる。 最近では、観光イベントに参加したりなど純粋に楽しんでいる。 他、ドラム演奏やカラオケ等が趣味である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です