お諏訪の杜のエドヒガンが復興の桜に!【須賀川市桜スポット穴場】

スポンサーリンク

福島県須賀川市のお諏訪の杜にあるエドヒガン、通称復興の桜が綺麗でした!樹齢が300年もあるのですが、あまり知名度が無く、混雑しないのでゆっくり桜を観賞するのにオススメの桜です。また、夜はライトアップもされるようですよ!

Contents
  • 2019年4月19日訪問 満開、やや散り始め

1、どんな桜?見頃は?


お諏訪の杜にあるエドヒガン桜、東日本大震災の復興のシンボルとして別名「復興の桜」と呼ばれているそうです。

その理由は、復興のシンボルとして、北海道の松前公園等に植えられているからです。

ですが、もともとこの桜は台木として貴重な桜であったそうです。看板に概要が書いてあったので下記に要約します。

このお諏訪の杜には樹齢300年の巨木が群生しており、全国的にも大変貴重な桜であるそうです。

そして、この地は上質な種子が大量に取れる条件を満たしており、財団法人日本花の会が採取に訪れ様々な桜の台木として活用され、日本全国、海外にも輸出されているようです。

ですが、一度この桜群は樹勢は衰退していたが、今現在は回復している。

市民の憩いの場となる事を念願します。

※お諏訪の杜、エドヒガン桜看板より要約

となっています。

撮影日 2019年4月19日

どうやら、いろいろな場所に種を回し、元となっている桜のようで実は凄い桜だったようです!

もう少し詳しく書いてあるので、是非読んでみて下さいね!

スポンサーリンク

2、樹齢300年のエドヒガン桜!


では早速復興の桜を観にお諏訪の杜に入ってみようと思います。

入り口には看板がありますが、比較的質素で車で通過した程度では発見することが出来ないと思います。

まさしく地元民のみぞ知る!って感じです。

撮影機器 kyv42 2019年4月19日

歩行者専用となっていて、地面にはウッドチップが引かれているので地面が多少濡れていても快適に歩けそうだと思いました。

また、高低差も無いのでご家族で来るのにも安心だと思います。

そして入り口より歩く事3分、赤くて綺麗な小さな社が見てきました。

撮影機器 KYV42 2019年4月19日

こちらの社については詳しい説明は無く、三八稲荷なんとかと書かれていました。取りあえず、このお諏訪の杜に縁がある神様だと思うのでお参りを済ませてすぐ左にあるもう見えているエドヒガンを観てみようと思います!いざ!

撮影機器 KYV42 2019年4月19日

じゃん!ロープに囲われている桜があるので間違いなくこれが復興の桜のようです!

高さは目測ではありますが、10m前後といった所でしょうかね。巨木とはいっても、他の有名で巨大な桜のように極端に太い訳でもないので、迫力だけを期待して訪れると少し物足りないと思います。

撮影機器 KYV42 2019年4月19日

でも、十分大きい桜ではあります。他の有名な桜が横に広いとすると、このエドヒガンは他の桜よりもさらに縦に伸びている感じです。

低い位置ではあまり桜は咲いておらず、ほぼ高い位置に咲いているので、上を見上げる必要があります。

そして、この桜2019年現在では支えを必要としておらず、自立しているのも大きなポイントです。

この高さで沢山枝分かれして、支柱が無いのは強い桜ならでは!

そして、特徴的なのはこの桜そのものよりもこの場の雰囲気だと思います。

撮影機器 KYV42 2019年4月19日

このお諏訪の杜はちょっとして広場になっており、周りからは遮断されていて、この空間だけの世界が広がっているようです。

ベンチもあるので、ここでゆっくりお団子を頂くのも心が落ち着き良い花見となると思います。

また、広場内にもいくつか桜があるので更に楽しめます。杉の木と共存するように桜が咲くので、緑とピンクの綺麗な色合いが魅力だと思います。

3、夜桜も観れる!


このエドヒガン、実は夜のライトアップもおおなっている様です。

というのも・・・

撮影日 2019年4月

復興の桜に向けて投光器が上を向いていて、配線も繋がっているのでライトアップをしてくれるようです。

道路からは見えないので、夜桜は更に穴場となると思います。

ですが注意点としては、お諏訪の杜の南端側はお寺の墓地があるので、あまり南側には行き過ぎない方が良いと思います。

スポンサーリンク

4、所在地と駐車場及びトイレ


●所在地

お諏訪の杜は、東北自動車道須賀川I.C.より南西に車で約10分の市街地に位置しています。

神炊館神社、(地元ではお諏訪様と言われているそうです。)の本殿の裏手に位置していますが、神社の境内からは行くことが出来ない為知っている人が少ないのだと思います。境内に案内もありませんしね。

モバイル機器に案内してもらう場合はこちら

 

入り口は北側の道路脇にあるので、神社の本殿の裏手を目指す感じで入り口を探してみて下さい。

撮影日 2019年4月19日

このような小さな看板と細い入り口があります。

●駐車場

桜専用の駐車場は用意されていませんが、入り口付近にある自動販売機のある神社の駐車場に駐車できるスペースはあります。

但し、神炊館神社に迷惑にならないようにお願いします。

撮影日 2019年4月19日

入り口から東側(駐車場側)を眺めた図になります。

入り口付近に咲いている桜も綺麗ですが、これはお諏訪の杜のエドヒガン(復興の桜)ではありませんので、満足せず奥まで行ってくださいね!ほんの3分だけですのでお時間を下さい(^_^)/

●トイレ

ありません。

神炊館神社にはありますが、宮司が本殿に常駐していない神社なのでトイレをお借りする事は難しいです。

近くのコンビニまでは歩くと遠いので事前に済ませるのが吉です。

5、まとめと感想


オススメ度 ★★★ 雰囲気が良いです
穴場度 ★★★★ 地元でも知らない
見つけ易さ ★★ 車では見つけ辛い

神社の裏手にある広場にあるお諏訪の杜にあるエドヒガン。

太さはそこそこですが、高さが結構あり、上を見上げて観る桜は綺麗です。

実はなかなか重要な桜で、樹齢300年の桜群が何本もあり一本だけでは物足りなくても、周りから切り離された世界観のある広場の雰囲気と合わさりのんびり桜を観賞出来る良い穴場桜スポットだと思います。

ベンチもあるので、ゆっくり団子を持参し花見でもしたいと思いました。

また、夜はライトアップもしているので、夜桜も綺麗ですが、墓地が視界に入る為少し怖いと言う方は多人数で行くことをオススメします。

とにかく、綺麗に整備はされているのにあまり人の居ない勿体ないと思いますが、あまり増えすぎても折角の雰囲気が壊れるので私もこの記事作成にあたって少し難しいです。

スポンサーリンク

投稿者: tedukurihealthtaro

福島県を中心に風景写真を撮るのが趣味。 コンテストにて金賞受賞も経験し、自分の写真で震災後の福島県を紹介しようと思いサイトを立ち上げる。 最近では、観光イベントに参加したりなど純粋に楽しんでいる。 他、ドラム演奏やカラオケ等が趣味である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です